羅漢堂再建に向けて of のざき観音

羅漢堂再建に向けて

野崎観音の十六羅漢は江戸時代から「のざきかんのん十六羅漢うちの親父は働かん」と子供の遊び唄にまで唄い親しまれ、観音様と共に信仰をあつめてきました。作者は不詳ですが、羅漢像一体一体の個性的かつ表情豊かな表現力は、ただならぬ力量が伺われます。
先住十九世、尾瀧一峰和尚の代に山崩れに遭い(昭和二十六年)、羅漢堂を流失、土砂に埋もれた尊像を和尚自ら掘り起こし、仮堂に安置、終生かけて羅漢像修復、羅漢堂再建を祈願致しておりましたが、平成四年、志半ばにして病のため遷化いたしました。
近年、羅漢像の損傷著しく、これ以上放置すれば修復が不可能になるため、先師の遺志を継ぎ多くの方々のご寄進により、菊池仏教美術研究所で修復作業を進め、お陰様で三年の歳月を経てようやく修復が完成し、平成十八年秋、先住忌に開眼法要を行い、仮堂に一時安置いたしました。
羅漢堂再建にあたり、ご参詣の皆様にもおすがりし、常々、一峰和尚が申しておりましたように一人でも多くの方のお心とお力をいただき、御懇志を以って羅漢堂を蘇らせ和尚の悲願を達成したいと考えております。 今後は、羅漢堂の再建に全力を尽くす所存でございますので、なにとぞ皆様のお力をお貸しくださいますよう伏してお願い申し上げます。
合掌
野崎観音慈眼寺 住職 田村保信

● ご寄進は一口一万円からお受けいたしております。
● くわしくは寺務所にて、おたずねください。

syaka.png

1bin.png

2kan.png

3kna.png

4subi.png

5nakora.png

6badara.png

7karika.png

8baj.png

9jyuba.png

10hanta.png

11rag.png

12nakasai.png

13ink.png

14bana.png

15ashita.png

15ashita.png

16tyu.png

onegai.png
野崎観音 慈眼寺の敷地内に十六羅漢像を安置するための羅漢堂を建設いたします。
くわしくは、建設計画が進行する過程で順次お伝えさせていただきます。
どうぞ、ご志納のほど、お願いいたします。

zumenzyou.png




野崎観音 慈眼寺
〒574-0015
大阪府大東市野崎2丁目7−1
TEL 072-876-2324
FAX 072-876-2373

注意.png